11月のMonthly lessonsメニュー

はやいものでもう2019年も 後半なのですね。
そして、レッスンは既に、11月のレッスンのお知らせです。

現地より美味しいお料理がおうちで作れるようになる、Monthly lessonsのメニューです。

ルム・ 宮廷卵ネットのひき肉包み。
タイ宮廷料理の 代表選手の1つです。さしたる道具を使わずに、 これを作る技は、 一度お試しいただきたい。いや、4年前にやって 挫折したことを思い出した方。タイのフライパンで やってみてください。

ヌア・スア・ロンハイ 東北風 ステーキサラダ。
ステーキの おうちでの上手な焼き方、 お教えします。ステーキ、いいっすよ、おうちで焼けると。安いお肉でも、 タイの味付けで 「珍しい=美味しい」まで 昇華できます。人数分ステーキ焼くの面倒なら、 1枚焼いて こうやって 目新しいサラダにしちゃえば、ラクチン+コスト削減+お料理上手の評価アップ。

ゲーンジュー・サームカサット(3人の王様スープ)豚、とり、エビが入った、豪華なスープ。漬物が いい味出してます。
このスープ学んで、「材料ばらばらで煮込んでますが、 我が家でヘビロテしています!」との お声もあり。

まずは、メニュー発表。
日程は、 ご希望の日程がございましたら、  Contact より ご連絡下さいませ。

タイ料理を軸にして、同じ材料なのに、料理のバリエーションが広がるということ。

お弁当は、ルーティン化すると、ものすっごーく、らくちんです。
ってか。基本、残り物しか詰めていないし。
ってか。お弁当に入れる事前提で、残る位の量を作ってるし。

それでも、売れ行き良すぎて、2人分は残せなかった時の 母子弁当。
母は、チキンレモンタジンのっけご飯と グリーンサラダ。

娘は、その前に食べきれず、2本だけ残って冷凍しておいた タンドリーチキン風、フライドポテト、サラダ(レタス、きゅうり、インゲン、トマト、グリーンオリーブ)、それから、余白に、 ほんのりと、たんぱく質とってやー と、チーチクをきゅきゅっと 詰める。

はい。
ここで おさらい。 いや、さらってない。
チキンレモンタジンに入れた材料。
ニンニク、玉ねぎ、じゃがいも、鶏肉、ミニトマト、いんげん、パクチー、ジンジャーパウダー、ターメリック、塩レモン、コショウ。

ほら。タンドリーチキン弁当と、ほぼ、かぶってますね、材料。
タンドリーチキンの方が、ヨーグルト、各種スパイスと、 チーチク の分だけ、材料多し。

そして、これだけの食材、和食弁当で調達しようとすると、 どう、操作しますか?なかなかの品数になりそうですね。笑

スパイスも、いっすよ。タイ料理で使うスパイスが、タンドリーチキンに使え、モロッコ料理に使え。ターメリックなんて、私、500gを使い切った事もあります。(レッスン含めてですが。)
うち、カレールーの在庫ないです。 適当にスパイスふりかけて、カレー出来ますから。

オンラインサロンでは、通常レッスンでお伝え出来ない、タイハーブやスパイスを、各国料理にも使えるレシピも お伝えしたいです。

オンラインサロンにご興味ある方、 Contactより、 一言 興味あり、と、
ささやいて下さい。


メールマガジンでも 先行情報配信しますので、 ご登録下さいませ。

かぼちゃの中身のくりぬき方

ハロウィン前になると、 私もよく、サンカヤー・ファクトーン、
かぼちゃのココナッツミルクプリンを作るのですが。

かぼちゃの中身のくりぬき方を教えてください というお声も多いので、
紹介させて頂きます。

まず、紙で☆形を切り、真ん中をヘタの大きさに切り抜いて、
水で濡らしてぺたりと貼り付けます。
うちは、タイのカービングナイフを使っていますが、ペティナイフで大丈夫です。
かなり、ぐっさりとナイフを入れて、切れ込みを入れます。

紙を外すと、 こんな感じです。
改めて ペティナイフ様にご登場いただき、
底まで貫通しない程度に再度 ぐっさりと切れ込みを入れます。
1周、しっかり切れ込み入れたら、今度はナイフの刃をテコのように使い、
ヘタを上に持ち上げるように、かぼちゃのワタをブチブチ絶つように、はがします。

1辺だけでわたをブチ切ろうとは思わずに、 ナイフを入れ替えて
ワタを外してください。

で、ヘタが取れたら 今度はナイフからスプーンに持ち替えて、
中のワタと種を取り出して、きれいに洗ったら、出来上がり。

そのかぼちゃの中にプリン液を入れて 
蒸し上げるのが
サンカヤー・ファクトーン。

かぼちゃの水分も出てくるので、なめらか濃厚な かぼちゃプリンを作るには、
またコツがあるのですが。 今回は、かぼちゃの中身のくりぬき方だけ
御伝え致しましたー。 

ハロウィンに 作ってみてください。

お昼ご飯、1食で何種類の食材食べていますか?

グリーンカレーに引き続き、レッドカレーもお弁当に。
このお弁当箱が、カレー専用になりつつあるような気がする、今日この頃。
このカレーに入っている材料。
カレーの汁の方には唐辛子、ニンニク、紫小玉ねぎ、カー(ショウガの仲間)レモングラス、コブミカンの皮、クミンシード、コリアンダーシード、コショウ、カピ、ナンプラー、パームシュガー、ココナッツミルク
具材は、 豚肉、バジル、トマト、ナス、こぶみかんの葉。

とはいえ、別に 毎日カレーというわけではなく。特に、娘の塾弁当も一緒に作る時は、和食だったりします。
ある日の弁当。

e0159569_16221779.jpg

ぶり照り焼き=ぶり、醤油、酒、みりん、油。シラス入り卵焼き = 卵、シラス、青ネギ、塩、油。おくらのおかかじょうゆ= おくら、しょうゆ、おかかレンコン焼き = レンコン、ごま油、塩大根の梅酢漬け=大根、梅酢
塩結び =ごはん、塩

ちまちま、色々作っている割には、 使う食材の種類は少ない。 あと、意外に油使ってますね。

これが、娘のリクエストのサンドウィッチになると。

e0159569_16304257.jpg

ポテサラサンド=じゃがいも2種類、玉ねぎ、きゅうり、ツナ缶(オイルごと)、レモン、塩コショウ、バター、食パン。
ハムチーズサンド=キュウリ、レタス、ハム、チーズ、マヨネーズ、マスタード、バター、食パン
卵サンド=きゅうり、卵、マヨネーズ、バター、マスタード、食パン
ポテサラもマヨネーズにしていたら、マヨネーズ味オンパレード。

作ると分かる、何が入っているかとか、これらを作るのに、どれくらいの手間と時間がかかるかが。

SALA ISARAの タイ料理レッスンは、まあ、 こんな感じで、 いかに楽して 色々、お通じなどに良い食材を 調理して美味しく食べるか、など、実際に手を動かして、五感を駆使して 学んでいただいてます。
今月は、 カリーパフ作ります。

これから開講しようとしている、オンラインサロンは、もっと、日々のごはん作りに取り入れられる、 タイ料理のヘルシーなエッセンスを 習得して一生ものの「料理力」をつけて頂けるようなサロンを目指しております。
0期で 一緒にサロンを作っていきたい方、まずは メールマガジンにご登録くださいませませ。

日々のお弁当作りに 苦労されている方。 
こちらは、娘の為に記録している お弁当記録です。 ご参照下さい。

娘の幼稚園時代のやつは、こっちです。キャラ弁やらねー宣言と、 デコ弁多めです。タイ料理の冷凍術を駆使してます。↓

SABAAY STYLE

はじめまして。 タイ料理研究家・サクライチエリと申します。

神奈川県横浜市で 本場以上に美味しいと言われている、
タイ料理教室を主宰してます。

タイで8年、日本で10年以上 タイ料理教室を主宰してきて

たくさんの生徒様から たくさんの学びを頂きました。

日本で教えていて 気づいたこと。

日本の女性は、とにかく、色々な事で頑張りすぎていて
色々な事をため込んで生活しています。

それは、ちょっとしたストレスの積み重ねであり、

お通じの滞りであったりします。

SABAAY STYLEでは、 
オンラインで
タイで癒されているけれど、行けて1年に一度、の、 残り11か月を
タイのマインドと、食生活を無理なく取り入れたメソッドで
日々の細かいストレスや、お通じの悩みをデトックスして、

毎日をサバーイ(気持ちよく)過ごしていける
サポートをさせていただきます。

9月のMonthly Lessons

まだまだ暑い9月は、「ハーブをばりばり食べて、デトックス」を目指します。

ラープ・トート(ミートボールの東北風サラダ)

鶏のそぼろサラダ、ラープガイは有名ですが(簡単に作れるバージョン、ベーシックコースで作ります)、 ひき肉を丸めて揚げて、これをまた崩して頂くという、手間のかかった、でも、見た目もかわいいお料理です。

クン・トート・プリックタイダム
(海老の黒コショウ炒め)

同じようなお料理で「プー・パッポンカリー」、カニのカレー味卵炒めは超絶人気ですが、こちらは地味に日本人ファンの多い料理です。 中華系タイ料理。コショウの使い方、学んでみましょう。

トム・ジュー・ガイ(鶏のクリアスープ版トムヤムスープ)

普通のトムヤムよりも、あっさりとしています。 今月は「ハーブをばりばり食べる」のテーマの通り、普段は取り除くハーブを食べられるように 仕込みます。

ウエルカムティー、お食事のお茶、ジャスミンライス、 先生手作りデザート付

ご希望の曜日、時間がございましたら、 お問い合わせフォームよりお知らせくださいませ。

9月8日のベーシックコースメニュー

9月のレッスンmenuが決まりました。

調味料にもかなり慣れてきたので、 今度のお題が。 ハーブ。

あら、サクライ先生、だんだん ハードル上げてきていませんか?と言う方もいらっしゃるかもしれませんが。 

生徒さんのレベルが確実に上がっているのと、暑い時期はやっぱりハーブの香りと効能で乗り切りたいというのが、タイ料理を習う意義じゃないかな、ということで。

トムヤムクン。

これ、やらずに タイ料理語るべからず、という感じでしょうか?
味噌汁を作るかのごごく、簡単です。


ラープ・ガイ。
とりそぼろの東北風サラダ。
私これでご飯3杯いけます。

デザートは、タップティム・クロープ。
ちゅうごくくわいのデザート。
これは、くわいは 中華街で買っていただくとして。
親しみやすい材料で作ります。

現在、9月8日の開講決定。

その他の日程は、希望日をお知らせください。

2019年8月 ベーシックコース メニュー 横浜タイ料理教室 SALA ISARA

スーパーで手に入る材料で 普段の食卓に ぽんと出せる 辛くない大漁料理厳選の ベーシックコース。

8月のお題は「ナンプラーと仲良しになる その2」

ガイ・トート・ナンプラー (鶏肉のナンプラー唐揚げ)

レッスンでは、 ナンプラーベースで、ちょこっとずつ 調味料を足したものを

食べ比べて、 味のバリエーションを楽しんで下さい。

クン・トート (海老のかりかりお好み焼き)

普段は貝で作るのですが、 夏場ですし、エビで作ります。

いや、むしろ海老の方が彩もいいし。

アイスクリーム・ガティ・ソット

アイスクリームメーカー・さまさまです。 コーンの甘味も堪能して下さい。

8月は4日(日)が 開講決定しております。

その他日程につきましては、 お問い合わせフォームより、お問い合わせくださいませ。

2名様以上で開講させていただきます。

夏休みですので、 お子様連れもOKです。

幼稚園生までは無料、 小学生は+1080円です。

大人料金は おひとり様4320円 (税込)となります。

2019年8月のMonthly lessons メニュー 横浜タイ料理教室 SALAISARA

こんにちは。 SALAISARA サクライチエリです。

夏はスパイシーなものが食べたくなる季節。

そして、ビールが美味しい季節です。

いや、私自身は、いつでもビール美味しいですけど。

8月のSALA ISARA Monthly lessonsは、 そんなビールに合うタイ料理です。

おそうめん感覚? これだけでお昼ご飯にしてもいいくらい、栄養バランスもいいです。

トートマン・プラー(レッドカレー風味 魚のさつま揚げ)

夏のおつまみといえば!というくらい、 ビールに合います。

タイにいた頃、夕方に屋台でこれ買ってビール買って、あつあつのうちに急いで帰って ベランダで晩酌したっけ。

お店で注文すると、1人1枚でなくなっちゃうけれど、自分で作れば食べたいだけ揚げられます。揚げたてをはふはふ頂けます。

カオ・クルック・カピ (蝦醤まぜまぜご飯)

えびの濃い味と生野菜のしゃきしゃきのハーモニー。具材は基本、何でもいいです。夏休みのランチに、お子さんと一緒に色々刻んで和えて食べるのも楽しいですね。

ウエルカムドリンク、お食事に合わせたお茶、 先生手作りデザート付。

レッスン料 1名様7000円 (税込)

開講日程につきましては、 お問い合わせフォームより、ご希望の日程をお知らせください。 

2名様以上で開講させていただきます。お友達とお誘いあわせでのお申込み歓迎です。

お子様連れの場合、幼稚園までは0円。(お子様用お弁当はお持ち下さい。)

小学生は1080円(税込み)にて 一緒にお料理、試食も出来ます。

7月のベーシックコースメニュー 横浜タイ料理教室 SALAISARA

習って、食べて、帰り道にスーパー寄って、晩御飯ですぐに復習出来る、

普通の食卓にフィットするタイ料理厳選コース、ベーシックコース。

2019年7月のメニューです。

まず。この6か月のコースのテーマは

タイの調味料と仲良くなろう!

ということで。

7月は、ちょっと難易度?上げて。 ナムプリックパオ(チリインオイル)がテーマです。

今や、(店舗によるそうですが)カルディさんのアジア調味料コーナーで手に入りますから。

ナムプリックパオは、韓国人がコチジャンを手放せない、日本人が旅行に日本のしょうゆを持っていくような感覚と同じ立ち位置かと。

タイ人留学生の話では、初めての一人暮らしで、朝ごはんにパンにナムプリックパオを塗って食べた というの、よく聞きます。

ということで。7月のメニュー。

野菜、卵、ご飯と合わせて食べてみよう。
SALAISARAオリジナル。
ヤム・豆腐。
冷ややっこがごちそうサラダになります。

それに、アサリのナムプリックパオ炒め と、  デザートはトウモロコシのういろう風、カノム・カオポート になります。

現在、募集は7月14日です。 その他の日程をご希望の方は、お問合せフォームよりご希望の曜日をお知らせください。

https://cookingschool.jp/do/school/lesson?schoolId=11021