葱やショウガをびっくりする程たくさん食べられるお料理のレッスン 横浜タイ料理教室 SALAISARA

ライターとして執筆させて頂いております

食べチョク&more にて
エリンギと リーキの記事が公開されました。
リーキはね、タイで「日本の白ネギだっ!」と 喜び勇んで買い求めては
「なんか、タイの白ネギは、唐辛子やニンニクやパクチーと張り合う気が無いんやろか?」
と ちょっとがっかりしたものでした。
そんな リーキを 日本では 白ネギで 思う存分食べられるレシピにしています。
こっちは、 日程をお互いで調整する、リクエストレッスンです。
もっと、ディープに ペーストから作るタイカレー(しかも、レトルトではまだ見たことないけど、絶対日本人が好きなやつ)
と、香港仕込み、 お料理の先生方も習いに来る、 手作り、トロリン胡麻餡の ショウガシロップ入り胡麻団子。
こちらのレッスンは
まず、 こちらで募集しております。
生姜カレー、 うちの娘が「かーさんのタイ料理で一番好き」
と言い放ち、
うちに習いに来ながら 2人のお子さんを出産されて生徒さんが
「このカレー、便秘に悩む世界中の妊婦に教えたい」
と絶賛した 逸品です。

パイナップル1個まるまる使い切りの、プライベートレッスン 横浜タイ料理教室 SALA ISARA

 

本日、 グランマ、ママ、娘 の 美人3世代の プライベートレッスンでした。
色々ご提案を頂いたのですが、
今回は、 メイン食材を パイナップル で提案させて頂き、 レッスンさせて頂きました。
いやー。
美人は、和装が似合いそうな美人、ふんわり系美人、きりっと美少女と、タイプが違っても ちゃんと遺伝するもんだな
と、
うっとりさせて頂いたレッスンでした。
いや、それはどうでもいいとして。
今回は、感染症対策もあり、 かつ、お嬢さんの学校が終わってからという時間帯もあり、
午後からのレッスンで、 作ったものは味見して 撮影したら 全てお持ち帰り というレッスンにさせて頂きました。
美人家系のお宅では、 今頃タイ料理で家族全員、「今日は何のパーティ!?」くらいのノリの食卓と思われます。
こういうレッスンも、承れます。

https://andmore.tabechoku.com/knowledge_leek/

 

葱のパワーで ウイルスを寄せ付けないからだになれたらいいなーと。

 

ほんと、 風邪ひいたらネギ というの、 わかるわー。

 

アロマテラピーでも使えると良いな。

って、あれ?

葱臭い?

 

まあまあ・・・・。

 

 

葱は、タイ料理でも中華系で主に使いますし、

青ネギなら、彩で散々使います。

 

ぜひぜひ、 ネギたっぷり食べて、 冬を元気に乗り越えよう。

 

 

お料理列レッスンでも、 感染症には 注意しつつ

色々取り揃えてお待ちしてます。

タイではまって香港に習いに行った中華系・免疫アップ系スイーツ

横浜タイ料理教室 SALA ISARA12月の超本場級レッスンのテーマは 「ショウガをたらふく食べる:

です。
で、今回は、めずらしくデザートが。

ブアローイ・ガーダム・ナムキン。
ゴマ団子の 温かいショウガスープ入り。
まじ、あったまります。
うちの冬の定番おやつ。
このゴマ団子に至っては。
運命というか、執念の レシピ作りの経緯がありまして。
これ、タイでは 屋台で売られていました。
あと、スーパーの冷凍食品コーナーにもありました。
でも、日本に帰ってきたら、よう買えんやん!と、
どうしても、 作ってみたかった。
だから、まず、バンコクの中華街のゴマ団子屋台を こっそり見張って、どうやって作っているのか、見てやる、と、待ち構えていました。
そしたら
屋台のおやじ、クーラーボックスから 冷凍胡麻団子を取り出して、 お鍋にぼちゃぼちゃ。。。。
クラっとしたのは、タイの暑さのせいだけじゃなかったと思います。
そうやって、悶々としていたら。
たまたま久々にチェックした、 香港で料理教室やっている友人のブログで
「ゴマ団子レッスンします。」
「この日に空きが1席出ました」
スケジュールを見てみたら、 丁度1泊2日で 行けるやん!
速攻航空券取って、レッスン予約して、香港飛びました。
・・・あの頃は若かった。
そして、BKK-HKGは 2時間半くらいで、 かなりの本数飛んでいたから、
ほんと、小旅行のレベルでした。
そうやって習ってきて、更に作りやすく、私が納得できるトロリン具合にレシピを作り、
今に至ります。
あ、私のレシピも、結局冷凍しちゃうから、 一度作ると好きな時に好きなだけ茹でて食べられますよ。

超本場級タイ料理レッスン、12月のメニューその1 横浜タイ料理教室 SALA ISARA

 

こちらは、 北部チェンマイのカレー。

北部料理は、シンプルな材料で深い優しい味わいが特徴です。

これ、具材は 豚肉、ピーナッツ。 それから

ものすっごい量の ショウガ。

(ショウガ好きな私が調子に乗って入れすぎているかもしれない。。。)

うちの小学生の娘は、このカレーが大好き。

かつて、うちに通いながら、2人のお子さんを出産された生徒さんが

「このカレーで お通じの悩みから解き放たれたー!」と

絶賛しておられました。

タイカレー。 ハーブをたんまり使うものもあれば

「こんなので出来ちゃうの!?」という位、シンプルな材料で手作りペーストが出来るのもある。

その香りで癒されて

体の方もデトックスされた感じになるんだから

お得感がハンパないと 思います。

ハーブをブレンドして手作りグリーンカレーが作れるようになると得られるベネフィット

なんか、めっちゃ そっけないお弁当かもしれませんが。

あたしの 通勤弁当。

グリーンカレーと 、白飯おにぎり。

これに、ちょこっと デザートを。

カレーの具材は、 鶏肉、ナス2種、パプリカ、ホーラパー(タイ・スイートバジル)、コブミカンの葉。

会社の電子レンジで温めて、 おにぎりかじって、具材食べて

途中からおにぎりをカレーの中にどぼん。

このグリーンカレー、 うちの庭で収穫したハーブをメインにして

あと、冷凍庫で冷凍保存していた材料も足して

ちゃちゃっと作ったの。

ペーストの材料は、ざっくりと。

タイの唐辛子、(庭)

パクチー

ニンニク、

ちっちゃい紫玉ねぎ

クミンシード

コリアンダーシード

レモングラス(庭)

生姜の仲間(冷凍)

コブミカンの皮(冷凍)

にんにく

オキアミの塩漬けのペースト

これらを ブレンダ―でがーっとペーストにして

ココナッツミルクと合わせて煮詰めて、

好きな濃度に水で伸ばして

好きな野菜や肉を入れて。

ナンプラー、黒糖(本場はパームシュガー)で  味整えて。

香りの強いハーブを旨い事ブレンドしてるなーと、

グリーンカレーを作るたびに、 ざくざく刻みながら 煮詰めながらうっとりしちゃいます。

これだけのハーブをペーストにして 食べるので

食物繊維も半端ないな、と 思いつつ。

いや、胃腸の働きを助ける作用のあるハーブを多用しているので

実際、生徒さんたちも「便秘知らずになりました!」とのお声もいただいています。

辛いの苦手になってしまった 小学生の娘には

カレーの濃度を薄めにした分、味付けでコクを調整して

スープジャーに入れて 夜、塾のお弁当に持たせました。

こんなフレッシュハーブのお弁当持っていく会社員や小学生、いないだろ!と 思いつつ。

今まで教えてきた生徒さんたちは、

何かと言って、がーっとペースト作って、 自分やお子さんのお弁当に持って行ってます。

要するに、作り慣れれば、簡単に フレッシュハーブでグリーンカレーが出来ちゃうという事と、

結構な種類のハーブは 冷凍出来る ということ。

TABICAでの体験では

日本のスーパーで手に入る材料を使って 簡単に作れるメニューを厳選して掲載していますが、

ご希望があれば、 こういうハーブてんこ盛りのレッスンも 開催出来ますよー。

超本場級タイ料理レッスン 11月のメニュー一部変更について。 横浜タイ料理教室SALA ISARA

横浜タイ料理教室SALAISARA

11月のレッスンメニュー。
メインは プーパッポンカリー、カニのカレー風味卵炒め (カニが手に入らない場合は海老で作ります)
ですが。
サブの1品、
こちらに変更させて頂きます。
ポピア・ユアン。ベトナム風 生春巻き。
ベトナム だからね。
ハーブがたくさん摂れてヘルシーだからか、
タイでもベトナム料理屋さんは 結構ポピュラーでした。(私の主観的に)
スーパーのお惣菜売り場でも、 生春巻き、売られていました。
あくまでも ベトナム風 として。
なんだ、他の料理は 例えばチャーハンとかだって、 中華風炒めご飯 みたいなことは言わないのに。
アメージング タイランド。
レッスンでは、 時間が経ってもしっとりの 皮の戻し方とか、
まきまきするときに このポイント押さえて置け 的な事とか、
あと、お正月のなます作りが、もしかしら格段に気楽にできるようになるかもしれない。
一応、ごく少人数で 日程希望制で 開講しておりまする。