頑張らない ごはん作り。 

ある日の うちの朝ごはん。

 

パンとサラダとスクランブルエッグ。

ビーツのスープと桃のネクター。

ドライフルーツ入りクリームチーズと、

デザートに河内晩柑。

 

娘は大喜びで 4枚切りのパン1枚分と

朝ごはんを全部 ぺろりと食べましたが、

 

私には too muchでした。

 

成長期バリバリの娘の食欲と

代謝が衰える一方のカーサンのテンションに差が出るのは、当たり前ですね。

 

 

さて、朝ごはんに、何を求めて ご飯を作って食べていますか?

 

今の娘は、

食べたものが全部、体を作るエネルギーに使われているんだろうな、と わかる食べっぷりです。

 

うち、普段は ご飯とお味噌汁がメインですが、

娘は最近、おかずが糊の佃煮しかなくっても(というか、いや、漬物あるけど気分によってで食べないのよね)お茶碗2杯は食べますし、

よく 卵掛けごはんにしたり、 目玉焼きを自分で作ったりしています。

そして、お味噌汁は、実は、具の方はよく食べるけど(最近油揚げがお気に入り)

汁を故意に?残しがち。

 

それに比べると私の体は、

起き抜けにコーヒー1杯飲んでお腹に活動のサインを送り、

(娘を出産した産婦人科の病院でも、入院時、「モーニングコーヒーでお通じを促せるなら、朝コーヒー飲んでください と言われました)

ご飯はお茶碗に軽く1杯。

お味噌汁はたっぷりと。 糀の香りに癒されて、

「あー、日本人は、まず、米と味噌、だろ」と たまのパン食の時に 呟く始末。

ご飯と味噌汁、漬物があれば、それでOK. でも、食べないと 出かける前にエネルギー切れ。

 

 

これがね。

「朝は 色々食べるべし!」

「やっぱり見た目が華やかな方がいいっしょ」

「品数多い方が、家族がよろこぶ」

とかで、

頑張りすぎると、 ご飯づくりがしんどくなる。

 

見栄えの良いご飯が日常になると、

おかずが少ない日は、家族から文句が出たりもする。

 

日々ごはんを作って食べるって、

しんどくなるべきじゃ ないと思います。

 

 

しんどくなった時には、 一度、 立ち止まって

本当に体が欲しいもの、家族が必要なもの、

深呼吸して 見直してみては いかがでしょ?

 

 

これから、生活様式が 色々変わる 節目に 世界がうごいてきています。

 

SALAISARAでは

アジア料理好きさんの 憩いの場として

これから

月に1回程度、 のんびりご飯会、開催していいきます。

 

体の中からキレイになれる ハーブたっぷりのご飯を食べながら

日々の疲れを取りながら

お喋りして、お腹の中に溜まったもやもやを 吐き出して、

ちょっとずつ、すっきりして、 また明日に備える。

 

そんな場を 作って行きます。

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です