日本でタイ料理はずいぶんメジャーになったけれど。 自分で作るのが一番おいしい。横浜タイ料理教室 SALA ISARA

【レシピブログの「家飲みを楽しもう!スパイスでひと工夫♪夏のおつまみ」 レシピモニター参加中】

おつまみ料理レシピ

おつまみ料理レシピスパイスレシピ検索

我が小学5年生の娘が2泊3日で 宿泊体験学習にいっておりました。
やっほう~! 好きなものを自由に食べられるぞ!
・・・・という程、日々我慢などしておらず。
何よりも、ちょうど ホームページのドメインが変わってしまい、作り替え総攻撃中ゆえ、お昼ご飯は食べ忘れるの、ずいぶん暗くなってから、はたと気づいて ゆで卵とブロッコリーゆがいて簡単にホットサラダ作って、ビールあけつつ、またPCに向かうという
ひどくすさんだ食生活を送っていました。

あたし、子どもか料理の仕事がないと、 餓死しちゃうかも。

そんな折に、「これ食べて 元気におなりなさい」とばかりに
レシピブログ様より、 ハウス食品様スパイスセットが送られてきました。

e0159569_13183349.jpg

こんな便利なものが 出来ていたのね。 最近ハウス食品様、タイ料理普及に力を入れていらっしゃるようですね。

お題は おつまみ とのことですが、やっぱり、ビール飲んで はい、おしまい、というのは、 健康によろしくないんじゃないかと、
チャーハンにしてしまいました。

e0159569_13195548.jpg

ベタですが。間違いない。 トムヤムクンチャーハン。
[1人分]むきエビ 5尾ぶなしめじ 石突をとって50g油 小さじ1ごはん   150gエスニックガーデン・タイ風クッキングペースト トムヤムミックス 大さじ1弱くらい
パクチーの葉、きゅうり、レモン 各お好みで。

1 ご飯は 冷蔵庫に入っていたものなら一度チンして ほんのり温かい状態くらいにしておいてください。  かたいご飯は割れやすい。
2 フライパンに油を敷いて、中火でむきエビ、ブナシメジを炒めます。
3 エビに火が通り、ぶなしめじんがしんなりしてきたら、ご飯を加え、クッキングペーストをかけて、  ペーストが全体に絡むように炒め合わせます。
4 お皿に盛り付け、お好みで パクチーの葉、 箸休め?にきゅうりスライス、 酸っぱいの好きさんは レモンを添えます。

ペーストは、多分、大さじ1以上入れると、辛いというよりも しょっぱくなります。ペースト少なくして 辛さ控える場合は、 また、塩気と酸味を足して調整してみてください。
パクチー・ラバーさんは、 チャーハンの具材と一緒に細かく刻んだパクチーの茎を一緒に炒めると、食物繊維、パクチーの香り増量で 気分も上がります。

このチャーハン、 ビールのおつまみにもなります。海老つまみつつ、きのこつまみつつ、 箸休め、辛さ中和に きゅうりかじって ビール飲んでシメに、トムヤム味のごはんをいただく。

そうだ、今度娘がいない晩酌は、 このチャーハンだな。

・・・・・来年じゃん、今度は修学旅行。

ちなみに、7月のMonthly lessonsはグリーンカレーチャーハン、作ります。

e0159569_13535184.jpg

こっちは ペーストの材料、まるっと 全部さらけ出します。  

こちらのレッスンご参加希望の方、ご希望の曜日など、 salaisara @yahoo.co.jp (あっとまーく、半角になおしてください) まで ご連絡くださいませ。

まだ 格闘中ですがhttp://salaisara.yokohama/
も よろしくご登録下さいませ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です