お昼ご飯、1食で何種類の食材食べていますか?

グリーンカレーに引き続き、レッドカレーもお弁当に。
このお弁当箱が、カレー専用になりつつあるような気がする、今日この頃。
このカレーに入っている材料。
カレーの汁の方には唐辛子、ニンニク、紫小玉ねぎ、カー(ショウガの仲間)レモングラス、コブミカンの皮、クミンシード、コリアンダーシード、コショウ、カピ、ナンプラー、パームシュガー、ココナッツミルク
具材は、 豚肉、バジル、トマト、ナス、こぶみかんの葉。

とはいえ、別に 毎日カレーというわけではなく。特に、娘の塾弁当も一緒に作る時は、和食だったりします。
ある日の弁当。

e0159569_16221779.jpg

ぶり照り焼き=ぶり、醤油、酒、みりん、油。シラス入り卵焼き = 卵、シラス、青ネギ、塩、油。おくらのおかかじょうゆ= おくら、しょうゆ、おかかレンコン焼き = レンコン、ごま油、塩大根の梅酢漬け=大根、梅酢
塩結び =ごはん、塩

ちまちま、色々作っている割には、 使う食材の種類は少ない。 あと、意外に油使ってますね。

これが、娘のリクエストのサンドウィッチになると。

e0159569_16304257.jpg

ポテサラサンド=じゃがいも2種類、玉ねぎ、きゅうり、ツナ缶(オイルごと)、レモン、塩コショウ、バター、食パン。
ハムチーズサンド=キュウリ、レタス、ハム、チーズ、マヨネーズ、マスタード、バター、食パン
卵サンド=きゅうり、卵、マヨネーズ、バター、マスタード、食パン
ポテサラもマヨネーズにしていたら、マヨネーズ味オンパレード。

作ると分かる、何が入っているかとか、これらを作るのに、どれくらいの手間と時間がかかるかが。

SALA ISARAの タイ料理レッスンは、まあ、 こんな感じで、 いかに楽して 色々、お通じなどに良い食材を 調理して美味しく食べるか、など、実際に手を動かして、五感を駆使して 学んでいただいてます。
今月は、 カリーパフ作ります。

これから開講しようとしている、オンラインサロンは、もっと、日々のごはん作りに取り入れられる、 タイ料理のヘルシーなエッセンスを 習得して一生ものの「料理力」をつけて頂けるようなサロンを目指しております。
0期で 一緒にサロンを作っていきたい方、まずは メールマガジンにご登録くださいませませ。

日々のお弁当作りに 苦労されている方。 
こちらは、娘の為に記録している お弁当記録です。 ご参照下さい。

娘の幼稚園時代のやつは、こっちです。キャラ弁やらねー宣言と、 デコ弁多めです。タイ料理の冷凍術を駆使してます。↓

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です